多肉植物の植え替えを簡単に上手くするためのポイントを解説

雑記
スポンサーリンク

こんにちは! Musyaです。

今日は多肉植物の植え替えについて解説していきます。

私は多肉植物初心者ですが、植え替えが上手にできず、植物の調子が悪くなってしまいました。

どこに気をつけたら良いのか、教えて下さい!

それでは、植え替えの時に大切なポイントを初心者でも実践

できるように、紹介していきますね。

この記事を見て、多肉植物の植え替えスキルを磨いていきましょう!

こんな人におすすめ

  • 多肉植物の世話を始めたばかりの初心者
  • 多肉植物の寄せ植えを購入し、植え替えが必要な方
  • 以前に多肉植物の植え替えで失敗をしたことがある方

なぜ植え替えが必要なの?

多肉植物の植え替えが必要な主な理由はこちらです。

  • 植物が成長し、今の鉢では小さくなった
  • 今の鉢裏に穴が開いておらず、水はけが悪くて管理がしづらい
  • 多肉植物を購入したものの、鉢がオシャレでないので、新しくしたい

1つ目の理由は長く世話をしてくると出てくる問題です。

植物はしっかりと世話しているとその分成長します。

それにより、鉢の中では根が伸長しますが、鉢いっぱいになると、それ以上伸長する事ができず、成長も止まってしまいます。

みなさんが理想とする形や大きさに育てるためには、段階的に植え替えを行い、鉢を大きくする必要があります。

2つ目の理由は、多肉植物の寄せ植えを購入した時に起こりやすい問題です。

寄せ植えで販売される多肉植物はインテリアとしての利用が主な目的のため、鉢の見た目にこだわっていることが多く、鉢裏に穴が開いていない場合も多々あります。

鉢裏に穴がないと、水やりをした際に、水の抜け道が土の表面だけになってしまいます。

その場合、土が乾燥するまでに時間がかかったり、土の表面のみ乾き内部は湿った状態になりやすいです。

多肉植物にとっては乾燥した土が適正であるため、湿った土で育てていると根腐れを起こす原因になります。

そのため、寄せ植えを購入する時は、事前に植え替えも検討しておくことが必要です。

3つ目の理由は多肉植物の世話を楽しんでいると必ず起こる問題です。

「苗で購入したけどオシャレな鉢で育てたい」や「今の鉢は飽きてきたから、新しい鉢で楽しみたい」と世話をしていくうちに感じると思います。

多肉植物の世話を趣味としていると、こういった問題が起こるため、事前に植え替えの知識をつけておかないと、せっかく育ててきた多肉植物達がダメになってしまうかもしれません。

植え替える前の注意点

いざ、植え替えをしてみようと思ったみなさんは、植え替えを始めるまえに注意が必要です。

注意点はただ一つ、『植物と土の状態の確認』です。

植物に水がたっぷり含まれている場合や、土が湿っている場合は植え替えのタイミングではありません。

一般に、新しい土に植え替えた後、水やりで植物と土とを馴染ませることが、園芸の基本です。

野菜や花は水をそこまで多く保持できないので、水やりの頻度は高くても問題ありません。

しかし、多肉植物の場合は水を多く保持しているので、その上から水を与えても吸収できず、土の乾燥までに時間がかかり根腐れの原因となります。

また、購入した苗はお店の人がそれまで水の管理をしているため、最後に水をやったかわかりません。

植物と土の状態をしっかりと確認する事が、多肉植物の良い植え替えをするためには重要です。

植え替えをしてみよう

植え替え前の確認が済んだら、植え替えを始めていきます。

まず、植え替えに必要なものはこちらです。

準備物

  • 多肉植物用
  • 軽石
  • 多肉植物の土

まずは、多肉植物を現在の鉢から取り出しましょう。

多肉植物を鉢から取り出した写真です。
土は丁寧に取り除き、乾燥したものを植え替えに使用します。
鉢の取り出した多肉植物

根がちぎれないように優しく、丁寧に掘り起こしていきます。

根についた土もできる限りすべて取り除きます。

また、寄せ植えの土には水で固まる土が使用されることが多く、取り外しは少し大変ですが、焦らずに取り外しましょう。

たまに、植え替え前に確認したにも関わらず、根や周りの土が湿っている場合があります。

その時は、根が出た状態で2~3日乾燥させてから鉢に入れると根腐れのリスクを抑える事ができます。

植物を土から取り出す時に葉が取れてしまう事がありますが、それは葉挿しにも使用できます。

ボクは雑にやってしまいがちなので、植え替えの度に葉挿し用の葉が出てしまいます。

葉挿しに関しては過去の記事をご覧ください。

多肉植物の移し替える準備が整えば、次は鉢の準備です。

重要な点は『多肉植物用の土』を使用する事です。

ホームセンターには園芸用の土が数多く販売されていますが、植物によって適正な土が異なります。

特に野菜などに使用される培養土は、含まれる栄養分が高く、保水性も高いので、多肉植物の好まない土壌環境を創り出してしまいます。

多肉植物用の土を確実に用意しましょう。

ちなみに、ボクが使用している土はこちらです。

軽石や土は多肉植物用や水はけの良くなるものを使用します。
使用している軽石と多肉植物用の土

また、DCMオンラインで販売している多肉植物用の土も参考になりますよ。

参考:ホームセンター通販DCMオンライン

用土|ホームセンター通販はDCMオンライン
用土の商品一覧です。ホームセンター通販 DCMオンラインへようこそ!!DCMホーマック、DCMカーマ、DCMダイキ、DCMサンワ、DCMくろがねやでホームセンター売上1位のDCMホールディングスが運営のネット通販です。

土が用意できたら、鉢に入れていきます。

鉢の3割程度を軽石で埋めて、水はけを良くします。
鉢の3割程度を軽石で埋めます

まず、軽石を鉢の3割程度に敷き詰めます。

水はけが多肉植物の生育には最も大切なので、軽石は必ず入れましょう。

次に軽石の上から多肉植物用の土を入れていきます。

できる限り多く、根が土からはみ出ない深さまで土を入れる事が大切です。

土の準備が出来たら多肉植物を入れて完成です。

植え替え完了後は、土が湿って色も変わるまで水やりをします。
植え替え完了後、水やり前(左)と水やり後(右)
土が湿って色も変わります

植え替え後の注意点

多肉植物を新しい鉢に移した後は、野菜の苗と同様に土と馴染ませるために、水を与えます。

水やりは通常の水やりと同じで鉢いっぱいに行きわたるように与えます。

植え替え直後は根が定着していないので、水圧には気をつけて優しく与えましょう。

そして、植え替えた翌日には植物の状態を必ず確認します。

調子が悪そうな植物があった場合は、次の植え替えのために、メモをして改善していきましょう。

まとめ

最後に解説のポイントをおさらいしておきましょう!

今日のまとめ

  • 植え替えは植物をより良い環境で管理するために行う
  • 植え替え前は植物や土の状態を確認する
  • 植え替えは丁寧に!取れた葉は葉挿しに利用する
  • 植え替え後は水をたっぷり与えて根を定着させる

多肉植物の世話は難しくないと言われていますが、生きている植物のコントロールは思うようにはいきません。

本記事のポイントを押さえた上で、自分なりに最適な方法を探して楽しんでください!

Let’s enjoy succulents!

コメント

タイトルとURLをコピーしました